耐火クロス

耐火クロス TOMBO No.8300

TOMBO No.8300
耐火クロス

耐火クロス
TOMBO™ No.8300

造船所、工事現場などでは、溶接・溶断時のスパッターやノロなどによって、絶えず火災の危険にさらされています。また、コンピュータなどの重要機器の損傷につながるケースも考えられます。当社の「耐火クロス」は、このような厳しい条件下に十分耐えられるように、開発された火花防止専用クロスです。

特長

  • 耐溶融金属性に優れています。
  • 軽量で柔軟性があります。
  • 加工性に優れています。

※個別設計の縫製加工品も対応可能ですのでご相談ください。

用途

  • 溶接火花の飛散防止
  • 溶断時のノロ飛散防止
  • 機器の保護、養生
  • 不燃カーテン

製品仕様・品質特性

TOMBO No. 製品名 コーティング サイズ
厚さ×幅×長さ
A種試験注1 質量
(g/m2)
密度
(本/25mm)
引張強さ
(N/25mm)
タテ ヨコ タテ ヨコ
8300-S 耐火クロスS なし 0.65t×810mm×25m 発 炎:なし
貫通孔:なし
625 54 40 403 377
8300-SW 耐火クロスSW あり
(片面特殊樹脂)
0.70t×810mm×25m 発 炎:なし
貫通孔:なし
670 54 40 1519 372

注1:JIS A 1323 建築工事用シートの溶接及び溶断火花に対する難燃性試験

※当社測定の実測値であり規格値ではありません。

カーボン系クロスとの比較

溶接現場で一般的に使用されているカーボン系クロスとの比較のために試験を行いました。

試験体
  • 「耐火クロスS」(当社製品)
  • 「耐火クロスSW」クロス面(当社製品)
  • 「耐火クロスSW」コーティング面(当社製品)
  • 一般的に使用されているカーボン系クロス
試験条件、試験方法
  • JIS A 1323 A種同等
  • 4種類の試験体にて、厚さ9mmの火花発生用鋼板を溶断した際に発生する火花の難燃性を評価。
判定基準
発炎および防火上有害な貫通孔がないこと。
試験結果
いずれの試験体も試験中(約48秒間)の発炎および防火上有害な貫通孔の発生なし。
ただし「一般的に使用されているカーボン系クロス」のみ溶断終了後の発炎を確認。

試験動画は以下のとおりです。

その他

  • 「TOMBO」はニチアス(株)の登録商標です。
  • 禁止事項、注意事項はカタログ「耐熱クロス」をご参照ください。
  • カタログダウンロード
  • ニチアス技術時報
  • この製品に関するお問い合わせ

このページの先頭へ

ムヌヨ゙ハモニオ_セォニキケイヤレマ゚ケモハモニオ_337pネユアセナキヨ゙ムヌヨ゙エオィ